風の吹くまま、気の向くまま。~韓国語勉強中~

韓国演歌(トロット) 好きが高じ、韓国語を学び始めた半端な男が韓国演歌や韓国詩を訳しつつ、学習記録と思ったことを書き連ねるブログ

Top Page ›  ○ 韓国語 ~単語編~ › 知らなかった単語を振り返ってみる
2014-03-07 (Fri)  21:59

知らなかった単語を振り返ってみる

日曜を除いた月~土までの週6日更新されるコ・ドウォンの朝の手紙(韓国語)

それを自分なりに翻訳したファイルを、このブログでも公開していますが、
翻訳していく上で、知らなかった単語や忘れていた単語は
いつもメモ用紙に書き取って整理し、単語帳の方に書き込んでいます。

今回はその翻訳をする中で、知らなかった単語をまとめていきたいと思います。
とはいえ、全てを掲載すると冗長な記事になってしまうので、
その一部だけまとめたいと思います。

……簡単な単語すら覚えていない自分に嫌気が差します(汗)



더 할 나위 없다 非の打ち所がない、申し分ない

덩달아 つられて~、乗じて

불원간 遠くない内、近い内
漢字語で「不遠間」。←そう書かれると「あーなるほど」と納得がいきました。

신성한 神聖な
ちなみにのパッチム”ㅇ”を”ㄴ”に変えると、신선(新鮮)
신성하고 신선한 사랑 神聖で新鮮な愛 ←何を書いているんだか(汗)

우울증 うつ病
これは知っていた単語ではあるのですが、個人的に
우울[憂鬱]+증[症]鬱病とは上手く考えたものだなと感心したので。


헤치다 かき分ける

솜털 綿毛、産毛
これも(綿)という単語と(毛)という単語が合わさった合成語。
合成語を覚えるメリットは、それぞれの単語を関連付けて覚えられる点。


일깨우다 教えて諭す、覚醒させる

무당벌레 天道虫(テントウムシ)
基本的に動植物や虫の単語は、分けて考えると面白いなぁと思います。

例えば무당”巫女”벌레”虫”なのでテントウムシは「巫女虫」。
日本では形からお天道様に例えられるけれど、韓国ではその容姿を巫女に例えるんですね。
ちなみに虫(벌레)の部分を”거미”(蜘蛛)に変えると、무당거미でジョロウグモになります。

テントウムシと単語が出たついでに、そのエサであるアブラムシ
アブラムシは진딧물

가로지르다 横切る

망가지다 壊れる、駄目になる、つぶれる

고약하다 気難しい、偏屈だ

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可