風の吹くまま、気の向くまま。~韓国語勉強中~

韓国演歌(トロット) 好きが高じ、韓国語を学び始めた半端な男が韓国演歌や韓国詩を訳しつつ、学習記録と思ったことを書き連ねるブログ

Top Page ›  ○ ハングル検定~準2級編~ › 【ハン検準2級】試験問題を振り返る~フォローアップ第2回~
2013-11-27 (Wed)  19:28

【ハン検準2級】試験問題を振り返る~フォローアップ第2回~

前回6月に受けた”ハン検3級のフォローアップ”はこちら
  第1回   第2回   第3回

今回11月に受けた”ハン検準2級のフォローアップ”はこちら
  第1回 (前回更新した記事)   第2回 (今回の記事)

                    

11月10日に受けたハングル検定準2級の試験の中で、
間違えた問題や、正解はしたものの今後の為に補足しておきたい問題
今日から何回かに分けてまとめていきたいと思います。

試験問題(2013年秋季)

2013年秋季 第41回「ハングル」能力検定試験
準2級 聞取問題より

獲得点数と内訳 20問中:11問正解9問間違い…40点満点中 22点


正解した問題  補足  間違えた問題


短い問題文と選択肢を読み上げます。応答文として適切なものを選べ。
 2) 이거 정말 제가 가져도 될까요?
      [これ本当に私が持って良いのですか?]

解答問題をメモしている時間もないので、
音声を聞き流しながら応答文として適切であろう
「당연히 되지. 왜 안 되겠어?」[当然でしょう。何故駄目なんです?]を選択し、正解




文を読み上げます。その文の内容を表したものとして最も適切なものを選べ。
 4)  그저 안타까울 뿐이었어요.

選択肢をざっと見た時に「가슴이 아프고 답답하기만 했어요」と
「좀 아쉬운 감이 있기는 해요」で迷い、次の問題に行くまでの間に悩んだ末、
「좀 아쉬운 감이 있기는 해요」を選択。

正しい答えは「가슴이 아프고 답답하기만 했어요」




次に読み上げる対話は何について話しているものか、答えとして適切なものを選べ
 2) 여: 김 강사님, 우리 모임은 다다음주에 시민회관을 쓰게 됐어요.
      남: 아, 공민관 교실 이용 추첨에 떨어졌군요. 근데 시민회관 위치가 어디지요?
      여: 유리 공장 정문 맞은편이에요. 3층 회의실에서 할 겁니다.
      남: 시간은 이제까지 하던 대로 해요?
      여: 네, 그래요.

迷うことなく「모임의 일정과 장소」(集まりの日程と場所)を選び、正解



次に読み上げる文章を聞いて、内容と一致するものを選べ
 4) 잡지에서 봤는데 인도에서는 오른손으로 밥을 먹고 화장실에서는 왼손을
      사용한다고 한다. 인도인들은 전반적으로 머리가 우수하고 기억력이
      뛰어나다고들 한다. 그것은 날마다 먹는 카레 효능이라는 말이 있는데,
      나는 그들이 좌우의 손을 쓰기 때문이라 생각한다.

文章は『雑誌で読んだ情報として、インドでは両手の使い方が違うこと。
インド人達は全般的に頭が良く記憶力が良いとされ、それはカレーの効能だというが、
私は左右の手の使い方が違うせいだと思う』という内容。

「인도에서는 두 손의 쓰임새가 다르다」(インドでは両手の使い方が違う)を選んだつもりだが、
後で見返すために問題冊子に記してあるマークシートに記入した解答は
「손가락으로 밥을 먹으니까 머리가 좋다」(指でご飯を食べるので頭がいい)となっている。
当然、正答は「인도에서는 두 손의 쓰임새가 다르다」

読み上げられた文章が全てしっかりと聞き取れ、
内容把握できただけに、ここで取り逃した2点は悔しい。




次に読み上げる文章を聞いて、内容に一致するものを選べ。
 3) 중학교 1학년 때 우리반은 아침에 학교 오는 순서대로 원하는 자리에 앉았다.
      나는 키가 작은 편이라 늘 일찍 가서 앞에 앉았는데, 하루는 늦게 가는 바람에
      맨 뒷자리의 상민이 옆에 앉게 되었다. 같은 반이 된 지 한 달이 됐지만 우리는
      서로 잘 몰랐다.

文章は『中学1年の時、私達のクラスでは学校に来た順に好きな席に座ることが出来た。
自分は背が低いので、早く来て前に座っていたが、ある日遅れてしまったせいで
一番後ろの席のサンミンの横に座ることになった。同じクラスになって1ヶ月が経ったが
お互いに顔見知りでなかった』という内容。

これもしっかりと聞き取れたので、
「일찍 가면 앉고 싶은 자리에 앉을 수 있었다.(早く行けば座りたい席に座れた)」を選び、正解




準2級聞取問題、大問までの全20問を通して、

9問を間違え計18点を取り損ね、 40点満点中22でした…。


前回のブログでフォローアップした”筆記問題”
60点満点中 54と合わせ、

100点満点中 76でした。

準2級の合格基準は、筆記で30点以上/聞取で12点以上を取り、
且つ70点以上の獲得なので、
今年6月に3級合格に続き、準2級の合格ラインに達していることになります。

解答速報と協会の正答発表を見ながら、答え合わせして76点が取れていると分かった時、
率直に言って「いやぁ良かった良かった。落ちずに済んだ」という感想を抱きました。

試験を終え、試験会場から自宅へ帰る道すがら、
「今回の試験は落ちたな。試験費用と電車代勿体無かったな…
こんなことなら日頃からもう少しちゃんと勉強しておくんだった」と
悔んだのを今でも覚えています。

次回のハングル検定は6月。
2級を受験する予定でいますが、その日までに今回の試験を通して
気付いたところを重点的に勉強することができたらと思っています。


                    


次回のブログ更新は、”フォローアップ第3回”ということで、
今回の試験を通して気づいたこと、改善点、
次回の試験の抱負について書いていきたいと思います。


なかなか更新したくても出来ていない
”韓国演歌(トロット)紹介記事” と ”コ・ドウォンの朝の手紙の翻訳記事”は、
このフォローアップが終わり次第、順次更新
していこうと思いますので、
そちらもどうぞご覧頂ければと思います。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可