風の吹くまま、気の向くまま。~韓国語勉強中~

韓国演歌(トロット) 好きが高じ、韓国語を学び始めた半端な男が韓国演歌や韓国詩を訳しつつ、学習記録と思ったことを書き連ねるブログ

Top Page ›  ◇朝の手紙 / 아침 편지 翻訳 › 【コドウォンの朝の手紙】 更に広い空間で
2012-11-24 (Sat)  16:39

【コドウォンの朝の手紙】 更に広い空間で

コ・ドウォンの朝の手紙(고도원의 아침편지)のサイトで
更新された詩を翻訳してみます。


11月21日分の ”自覚夢” 以降、
このコ・ドウォンの朝の手紙の翻訳記事を
あげられていないので、22日から今日24日までの
翻訳記事を順次、更新していこうと思います。


まずは、11月22日分

더 넓은 공간으로
更に広い空間で


가슴속에 꽁꽁
숨겨놓은 것을 드러내지 않으면,
나보다 더 넓은 공간 속으로 비상할 수 없다.
본래의 모습을 드러내기가 망설여질 때는
날개를 옆구리에 접어 넣고 밧줄 위에
앉아 있는 한 마리 새를 떠올려본다.
마음도 열지 않고 누군가와 관계를 맺는 것은
날개도 펴지않고 밧줄에서
뛰어내리는 것과 같다.

- 마크 네포의《고요함이 들려주는 것들》중에서 -

胸の中でしっかりと
隠しておいたものを曝け出さなければ、
私よりも更に広い空間の中へ、翔けることは出来ない。

本来の姿を曝け出すことが、ためらわれる時は
翼を脇腹に折りたたみ、綱の上に
止まっている一匹の鳥を思い浮かべてみる。

心も開かずに誰かと関係を結ぶ。ということは
翼も広げずに、綱から
飛び降りることと同じだ。

-マーク・ネポの『静けさが聴かせてくれるもの達』-



* 가장 밀접하고
가까운 사람이면서도
문을 닫고 사는 사람들이 많습니다.
사람 사이의 진정한 관계, 진정한 사랑은
문을 활짝 열어 모두를 드러내는 것입니다.
열지 않으면 드러낼 수 없고, 드러내지 않으면
어디가 아픈지 왜 아픈지 알 수 없습니다.
열고 맡겨야 더 넓은 공간으로
함께 나갈 수 있습니다.

もっとも密接で、
近しい人でありながらも、
扉を閉ざして生きる人達が多いです。

人との間の真の関係、真の愛は
扉をサッと開いて、全てを曝け出すことです。

開かなければ曝け出すことが出来ず、曝け出せなければ、
何処が痛いのか、なぜ痛いのか、知ることができません。

扉を開いて全てを委ねれば、更に広い空間へ
共に飛び出すことができるのです。



韓国語の原詩に沿って直訳を基本にしながらも、
日本語として、しっかり意味の通る
読みやすい訳文にしたいと思っています。

何かお気づきの点、指摘等ありましたら、気軽にコメントにて教えてください。

追記には、忘備録として上記の詩に使われた単語等を書き記しておきます。

드러내다 さらけ出す、むき出す
망설여지다 ためらわれる、躊躇する
옆구리 脇、脇腹、横腹
밧줄 綱、ロープ

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可