私の住む町の本まっち

18:00

先週の土、日。
私が住んでいる地区の鹿島神社の祭禮がありました。
土曜日は宵祭り。日曜日は本祭りでした。
ちなみに祭りのことを、こちらの方言では”まっち”と云います。
지난 토요일과 일요일.
내가 사는 동네의 신사 '카시마 신사'의 제례(祭禮)가 있었습니다.

토요일은 전야제 (일본어로 요이마쓰리),
일요일은 본제(本祭) (일본어로 혼마쓰리)였습니다.

덧붙여서 '마쓰리'란 말을 지바 현 남동부 사투리로 '맏치'라고 말합니다.



尚、相互リンクもさせて頂いている、
さくまっちさんのブログ「のんびりブログ」のほうで、
この鹿島神社についての説明がされているので、そちらの記事をご覧頂ければと思います。



요이마쓰리에는 다시(山車:축제 때 끌고 다니는 장식을 한 배 모양 수레)
코미코시(小神輿:아이들이 메는 축제용 신의 가마)가 동내를
토교(渡御:제례 때 신위를 모신 가마(미코시)의 행렬)했습니다.

다음날 혼마쓰리에는 다시와 코미코시
그리고 오오미코시(大御輿:어른들이 메는 신의 영혼을 모신 축제용 가마)
키야리(木遣り)라는 노래에 비슷한 것을 부르며 동내를 토교 했습니다.

宵祭りには、山車と小神輿が地区中を渡御し、
本祭りでは、山車と小神輿、そして大御輿が木遣りを唄いながら、渡御しました。

오늘은 그 제레에서 내가 찍은 사진을 올립니다.
今日は、その祭禮で私が撮った写真をあげます。


尚、写真はクリックすると他の大きさで見ることができます。
사진을 클릭하면 다른 사이즈로 볼 수 있습니다.



요이마쓰리 날, 동네를 끌고 다니는 다시(山車)
 宵祭りの日に、町を渡御する山車

宵祭りの日に渡御する山車

본제(本祭) 날, 일본식 전통 북의 연무(演舞)
 自宅近くの駅広場にて、和太鼓の演舞

太鼓の演舞

무게 약 2톤의 느티나무로 만들어진 오오미코시
 (어른들이 메는 신의 영혼을 모신 축제용 가마)
 重さ約2トン余の総ケヤキの大御輿

重さ2トン余の大御輿

町内の大御輿1

町内の大御輿2

오오미코시를 높이 들린다
 大御輿を差す

大御輿を差す

본제 날 밤. 불빛이 밝힌 오오미코시
 本祭りの夜、灯りのついた大御輿

照明のついた大御輿

토교(渡御)한 후 신사에 들어간 오오미코시
 町を歩く渡御を終え、神社に宮入りした後もなお担ぐ若衆

宮入り後の大御輿1

宮入り後の大御輿2


実は私自身、小さい頃から祭りがあまり好きではないのですが、
今回、友達に誘われ、デジカメ持参で見学しました。

これら写真の他にも、駅で神輿を揉んだり差したりした場面や、
宮入り(神輿を鳥居にくぐらせようとする側とまだくぐらせまいとする側の鬩ぎ合い)の場面を
デジカメながら、動画に収めました。

宵まっちの日は2時間前後、
そして、本まっちの日は夕方数時間と、大御輿が町を渡御し宮入りを終え、
お開きになるまでの、午後8時から深夜2時頃まで、寒さを堪えつつ見学しました。

20年生きてきて、これだけ祭りに触れたのはありませんでした。
長くてもせいぜい30分、1時間ぐらいでしたから。

お陰で、祭りが好きになりました! まぁ、その友達のお陰ですね。笑

……ただ、見るだけなら、ですけどね。

祭りに参加するかと言われたら、ちょっと……嫌かな。
関連記事
いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
블로그 기사를 읽어 주셔서 정말 감사합니다.

にほんブログ村 外国語ブログへ  にほんブログ村 韓国語へ  人気ブログランキングへ


コメント

  1. さくまっち | URL | -

    おお、俺の記事にリンク飛んでるな!!

    今年も中々のお祭りができて、本当に感謝感謝^^

    写真係である風の音氏は、見てくれるだけで十分b

    まぁ参加してくれても良いよ←

    また来年もお願いします(笑)

  2. duck4 | URL | Vt/ZXMnQ

    お祭り!

    風の音さんへ

    おはようございます!
    秋は祭りの季節ですね。
    豊作を神様に感謝するために行われるのでしょうね。
    祭りが守られているということは、人々がその地域を愛しているからできるのでしょうね。その息遣いがこちらまで伝わってくる写真でした。v-519v-521

  3. 風の音 | URL | yJq7scmY

    さくまっちさんへ

    こんばんは。コメントありがとうございますm(_ _)m

    いきなりごめんよ。事後報告みたいな感じになっちゃって(^_^;)
    ちょうど神社について書いていてから、つい…初トラックバックさせて頂きました。

    これだけ長く祭りを見てたのは、人生で初めてだったし、
    記事でも書いたけど、今回、興津の祭りを見て「祭りはいいものだなぁ」と感じました。
    もしか、来年のまっち前までに気が変わって、参加もしてるやもしれんね。笑

    また今度、飲みましょう^o^ノシ

  4. 風の音 | URL | yJq7scmY

    duck4さんへ

    こんばんは。コメントして頂き、有難うございます!

    私の地区以外にも、市内の大多数の地域が同じ日(10月7日)にお祭りだったのですが、
    この時期、全国的にお祭りをやる集落が多いようですね。

    duckさんの仰るとおり、五穀豊穣で神に恵みを感謝する為に
    実り多き秋の時期に祭礼を行うのでしょうね。
    私の住む地区は沿岸地区なので、海への祈願も含まれているのでしょうね。

    いかんせん写真を撮るのが下手くそなもので、拙い写真ばかりで恐縮なのですが、
    少しでもお祭りの雰囲気が伝わればいいなと思って、撮ってみました。
    先祖代々伝わってきたお祭りを、これからも子々孫々、ずっと継承していきたいものですね!

  5. 奈良っ子 | URL | mQop/nM.

    風の音さん、おはようございます
    秋祭り盛大ですね。舟の形をした山車ですが、私は初めて拝見しました。
    珍しいと思いますが、知らないのは私だけかも???
    あの山車には女の子もいる?ようですが、女の子も乗れるのですか?
    私の田舎では、女の子は綺麗な着物を着てお祭りを見ていて楽しんでいましたが・・・
    お神輿も総ケヤキで大変立派ですね。また、夜のライトに照らされてお昼とまた違った感じでいいですね。
    イヤ~お祭りいいですね~~\(^o^)/
    来年の今頃は、風の音さんお神輿担いでいる若衆の一員に??と、
    想像しています。(^_^;)
    また、いろいろと写真のせて下さいね。楽しみにしています~(^_^)v

  6. 風の音 | URL | yJq7scmY

    奈良っ子さんへ

    こんばんは。コメントして頂いて、有難うございます(^O^)!
    コメントの返信が遅くなってしまい、申し訳ありませんm(_ _)m

    >舟の形をした山車ですが、私は初めて拝見しました。
    あ、そうですか!(驚) 京都のお祭りで出ているような形の山車も
    そうですが、生まれてこのかた、ずっと舟の形をした山車も毎年見てきましたので、
    山車というと、2パターンあるのだとずっと思ってました(^_^;)
    舟形は珍しいのかもしれないですね(・o・;)
    多分、漁師町だからですかね。少なくとも千葉県勝浦市の海沿いの、
    各地区でそれぞれ、舟形の山車があるんですよ。

    >女の子も乗れるのですか?
    はい。今住んでいる興津地区は、学年で希望者のみお囃子の練習をして、まっちで叩くのですが、
    興津の隣の地区の、今まで私が育った地区である守谷地区では、山車のお囃子は
    子供会の行事として強制参加でやらされるんですよ(・_・;)

    本当拙い写真で申し訳ないです…神輿の細かい装飾も写すことが出来ればよかったのですが、
    そこまで写せずじまいでした…でも、本当に立派な大神輿です。
    昼夜を通して見て、ガラっと御神輿の印象が変わったのも、見ていて愉しかったです。

    果たして…来年は担いでいるでしょうかね(^_^;) もしかしたら…。
    また、なにか撮ってきますね!

  7. cherry | URL | vfUJLHNQ

    こんにちは。
    私も船の形をした山車を見るのは初めてです。
    お祭り、特に秋祭りは楽しいのに、好きではなかったんですって?
    今回好きになれて良かったですね。
    韓国のお祭りはどうなんでしょうね。

  8. 風の音 | URL | yJq7scmY

    cherryさんへ

    こんにちは。コメントして頂き有難うございます!

    先の方へ返したコメントにもある通り、20年間生きてきて、
    お祭りの山車というと、船の形をしたやつとポピュラーな形と2つ有るのだと思っていましたが、
    やはり、船の形をした山車は珍しいのかもしれませんね。

    お祭りは楽しい行事だとは思いますし、友達や知り合いと一緒に参加するのも
    楽しそうだなとは思っていましたが、かといって、わざわざ参加するほどでも
    無いなという気持ちが大きかったですね。
    でも、本当今回こうして地元のお祭を見物して、お祭りの良さに少しは気付けたような気がします。

    韓国のお祭り、確かにどうなんでしょうね。
    今度、調べてみたいと思います!

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks