風の吹くまま、気の向くまま。~韓国語勉強中~

韓国演歌(トロット) 好きが高じ、韓国語を学び始めた半端な男が韓国演歌や韓国詩を訳しつつ、学習記録と思ったことを書き連ねるブログ

Top Page ›  ◇朝の手紙 / 아침 편지 翻訳 › 【朝の手紙】 ”心の技術”という一点で...
2012-09-25 (Tue)  14:40

【朝の手紙】 ”心の技術”という一点で...

9月25日火曜日のコ・ドウォンの朝の手紙
翻訳してみました。


'마음의 기술' 하나만으로...
”心の技術”という一点で...


잃어버린 '마음의 기술'만
다시 찾는다면 치유할 수 있다.
동시에 두 곳에 존재하고, 언제 어디에나 있고,
천리안을 가진 듯 멀리 떨어진 곳을 보고,
텔레파시로 대화하고, 평화를 조성하고,
그 어느 것이든 할 수 있다.
의식을 집중하기만 하면 되는 것이다.

- 그렉 브레이든의《디바인 매트릭스》중에서 -

失くしてしまった”心の技術”を
再び探すのならば、治すことが出来る。

同時に二つの箇所で存在し、いつも何処にでもあり、
千里眼の如く遥か彼方、遠方を見て、
念力で対話する―― 平和を創る――

心の技術で、そのいずれをもすることができる。
意識を集中しさえすれば、できることだ。

-グレッグ・ブレーデン(Gregg Braden)の『ディバイン・マトリックス』より-



* 마음에서 병이 오고
마음으로 병이 낫는다고 합니다.
더 좋은 일이 있을 거라는 믿음, 치유된다는 확신,
그 믿음과 확신에 모든 의식을 집중하는 것이
'마음의 기술'을 연마하는 출발점입니다.
세상이 나를 움직이는 것이 아니라
내가 세상을 움직이는 것입니다.
'마음의 기술' 하나만으로...

心の病が降りかかっても
心によって、病が治るそうです。

”更によいことがある”という信念、”癒される”という確信、
その信念と確信に、すべての意識を集中することが、
”心の技術”を磨くことが、まず最初の出発点です。

この世の中が、私を動かすのではなく、
私自身が、この世の中を動かすのです。

”心の技術”という一点で...




『すべては心の持ちよう』ということなのでしょう。

これから先、してみたいことや目標を定め、
「私は○○ができる」「私は○○が得意だ」と半ば刷り込み、
信じこむことが大事で、それによって、目標を達成できると聞いたことがあります。

私もそうなのですが、日頃から物事を、
負の方向に考えてしまいがちな人間からすると、
常に「○○したってどうせ無理だしなぁ」「○○は苦手なんだよなぁ」と
すぐ頭から否定してしまいます。

でも、よくよく考えてみると、
これも一種の刷り込みで、自分には出来ない、何やっても無駄だと
信じこんでいるから、その通りになってしまうんですよね。

詩にも出てきましたが、”信念と確信”を正の方向へ向けるか、
はたまた負の方向へ向けて考えるか。で、だいぶ結果が変わるのだと思います。




追記には、忘備録として上記の詩に使われた単語等を書き記しておきます。

어디에나 どこへでも、どこにでも

연마 [硏磨/練磨/鍊磨] 研磨、練磨、錬磨、磨く

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可