風の吹くまま、気の向くまま。~韓国語勉強中~

韓国演歌(トロット) 好きが高じ、韓国語を学び始めた半端な男が韓国演歌や韓国詩を訳しつつ、学習記録と思ったことを書き連ねるブログ

Top Page ›  ◇朝の手紙 / 아침 편지 翻訳 › 【朝の手紙】 喜びの波動
2012-09-21 (Fri)  18:49

【朝の手紙】 喜びの波動

9月21日のコ・ドウォンの朝の手紙
翻訳してみました。


기쁨의 파동
喜びの波動


물잔에 떨어진 잉크 한 방울처럼
우리 각자는 세상 전체의 색조를 바꿀 수 있다.
비록 산꼭대기에서 혼자 살고 있는 사람이라 할지라도
기쁨의 느낌을 만들어냄으로써
다른 이들이 기쁨을 느끼는데
도움이 되는 파동을 보낸다.

- 로버트 슈워츠의《웰컴 투 지구별》중에서 -

水の張ったグラスへ落ちて広がる、ひと滴(しずく)のインクように
私達はそれぞれ、この世の中全体の色合いを変えることが出来る。

たとえ、山の頂(いただき)にたった一人で、住んでいる人といえども
その心の中(うち)に、喜びの感情を湧き上がらせることで、
他の人々が喜びを感じ、
助けになる波動をおくる。

-ロバート・シュワルツ(Robert Schwartz)の『ようこそ地球の星』より-



* 모든 물질은
저마다 고유의 파동이 있습니다.
납과 철, 돌과 수정의 파동이 다릅니다.
사람도 저마다 다른 특유의 파동이 있습니다.
나타나면 갑자기 방안이 싸늘해지는 사람도 있고,
온 방안이 훈훈해지는 사람도 있습니다.
한 사람이 내는 작은 기쁨의 파동이
세상을 기쁘게 합니다.

すべての物質は、
それぞれに固有の波動があります。

鉛と鉄、石と水晶、それぞれ波動が異なります。
人間も各々(おのおの)、異なる特有の波動を持っています。

その人が現れると決まって、部屋の中が急に冷めた空気になる。という人もいれば、
その人が訪れると、部屋を和やかにしてくれる。という人もいます。

とある人が出す、小さな小さな”喜びの波動”
それが、この広い世の中を喜びに変えるのです。




つまり、常に前向きに。
ポジティブシンキングで頑張っていけば、
周りの人も巻き込んで、明るく日々を過ごせるということですね。

私の場合、根っからの心配性なので、
一つのことを考えるのに、「ああなったらどうしよう」
「もし、こうなったら…」と要らないことまで、枝葉のようにずっと考えて、
ついネガティブループに陥ってしまいます…。

類は友を呼ぶ。笑う門には福来る。ではないですが、
明るい人のところには、明るい仲間が集まり、
そして幸運を呼び込むことって、多々あるように思います。

楽観的過ぎるのも良くないですが、肩の力を抜いて、
時には深く考えずに、多少思い切って行動するのも、
いいのかも知れませんね。



追記には、忘備録として上記の詩に使われた単語等を書き記しておきます。

색조 [色調] 色調、色合い

비록 たとえ、仮に

산꼭대기 山頂、頂上、山の頂

저마다 , 저저마다 ひとりひとり、各自、それぞれ、各々、みんながみんな

 鉛

훈훈하다 [薫薫--] 程よく暖かい、ぽかぽかしている、和やかだ

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可