風の吹くまま、気の向くまま。~韓国語勉強中~

韓国演歌(トロット) 好きが高じ、韓国語を学び始めた半端な男が韓国演歌や韓国詩を訳しつつ、学習記録と思ったことを書き連ねるブログ

Top Page ›  ◇朝の手紙 / 아침 편지 翻訳 › 【朝の手紙】 生きていてくれて、ありがとう
2012-09-20 (Thu)  23:01

【朝の手紙】 生きていてくれて、ありがとう

9月20日に更新された
コ・ドウォンの朝の手紙を翻訳してみました。


살아줘서 고마워요
生きていてくれて、ありがとう


살아줘서 고마워요.
이겨내고 참아줘서 고마워요.
두렵다고 생각하지 말아요.
지금처럼 이겨내면 되잖아요.
눈물도 애써 참지 마세요.
뭐 어때요.

- 박병철의《마음낙서》중에서 -

生きていてくれて、ありがとう。
辛抱、我慢してくれて、ありがとう。

そして、これからが不安だと考えないで。
今までどおり、やっていけばいいじゃないですか。

泪も、ぐっと堪えないでいいですよ。
きっと大丈夫ですから。

-パク・ビョンチョルの『心のらくがき』より-



* 가령,
불난 집에 달려가는 어머니는
아이가 살아있기만을 바랄 뿐입니다.
아이만 살아있으면 더 바랄 것도 없습니다.
살아있는 것보다 더 감사한 일이 없습니다.
같은 하늘 아래 살고있음에 감사하는 것,
살아있을 때 사랑하는 것,
그래서 삶과 사랑은 하나입니다.

例えば、
火の出た我が家に、急いで駆けつけて来た母親は、
”どうか、家の中に残っている子供が助かってくれれば”ということを祈るばかりです。

子供さえ生きていてくれれば、他に願うことなどありません。
そして、”生きていること”より更に嬉しく、有り難いことなどありません。

同じ空の下で、こうして”生きている”ということに感謝すること。
また、生きている時は、人々を愛すること。

それ故、”生きること”と”愛”は一つなのです。




今日の韓国語詩への翻訳は、
あえて少し言葉を付け足して、意訳してみました。

恥ずかしながら私もかつて、高校を中退した際に”一時の気の迷い”と”心の弱さ”からか、
何度か自分の人生を、この手で終えようと思ったことが何度かありました。

結局、既(すんで)のところで
決心がつかず、いつも通り、日々の生活を送り始めましたけれども…。

ちなみに、今思うと、あの時の自分は馬鹿だったなぁと(笑)
そう嘲笑できるほど、現在の私には、そんな感情は毛頭ありませんので大丈夫です。

ただその後に、命を絶とうとしていた頃を振り返ってみた時、
”人間、誰しも一人では生きていけない”
”常に誰かに思われて、支えられて生きている”ということに初めて気づけました。

この詩で使われている”愛”も、狭義での男女の愛ということではなくて、
もっと広い意味で、親子の仲。友達との仲。仕事場の人との仲…など
色々な人間関係の繋がりの中で”誰かに思われる”ということ自体が、
”愛”なんですよね。



…なんて、柄にもなく長文で嘯いてしまって、本当に失礼しました。


追記には、忘備録として上記の詩に使われた単語等を書き記しておきます。

이겨내다 耐えぬく、堪えぬく、勝ち抜く、打ち克つ

두렵다 不安だ、恐ろしい

애써 [애쓰다] 非常に努力する、努める、尽くす、骨を折る

낙서 [落書] 落書き、いたずら書き

가령 [假令] たとえ、仮に、例えば

最終更新日 : -0001-11-30

詩を通して見えてくること! * by duck4
風の音さんへ

おはようごいます!

文書を書いたり、翻訳したりするのがお好きですか?
書いてること自然に滑らかで読みやすいです。
国語が得意だったのではないでしょうか?

韓国の詩人さんの詩を引用して、
風の音さんのかつての想いを振り返り、
そこから、新たなことに飛び立とうするコメントが伝わってきました。

これからもハングルを勉強して、良いブログを投稿してください。
応援しております!v-519v-521

duck4さんへ * by 風の音
こんばんは。コメントして頂き、有難うございます!

>文書を書いたり、翻訳したりするのがお好きですか?
3,4歳の時に、カレンダーなどの裏が白い紙に、漢字で自分の名前を落書きしたり、
家にあったカラオケの字幕を見て、覚えた漢字を書いたりして遊ぶような子供でしたし(汗)
小さい頃から今に至るまでずっと、稚拙ながら文を書くのは大好きです!

>書いてること自然に滑らかで読みやすいです。
>国語が得意だったのではないでしょうか?
学生時代は、国語は得意科目でしたね。ただ”簡潔にまとめる”ということが苦手なんです。
どうしてもこう冗長になってしまうんですよね…。
それだけ国語力や文才が無いということなのだと、常日頃感じています。
また、こうして韓国語の詩を訳す時に、なるべく読みやすい文になるようにと
心がけてはいるのですが、なかなか難しいものです。

これからも頑張って参りますので、どうぞ宜しくお願い致します!


Comment







管理者にだけ表示を許可

詩を通して見えてくること!

風の音さんへ

おはようごいます!

文書を書いたり、翻訳したりするのがお好きですか?
書いてること自然に滑らかで読みやすいです。
国語が得意だったのではないでしょうか?

韓国の詩人さんの詩を引用して、
風の音さんのかつての想いを振り返り、
そこから、新たなことに飛び立とうするコメントが伝わってきました。

これからもハングルを勉強して、良いブログを投稿してください。
応援しております!v-519v-521
2012-09-21-07:53 * duck4 [ 編集 ]

duck4さんへ

こんばんは。コメントして頂き、有難うございます!

>文書を書いたり、翻訳したりするのがお好きですか?
3,4歳の時に、カレンダーなどの裏が白い紙に、漢字で自分の名前を落書きしたり、
家にあったカラオケの字幕を見て、覚えた漢字を書いたりして遊ぶような子供でしたし(汗)
小さい頃から今に至るまでずっと、稚拙ながら文を書くのは大好きです!

>書いてること自然に滑らかで読みやすいです。
>国語が得意だったのではないでしょうか?
学生時代は、国語は得意科目でしたね。ただ”簡潔にまとめる”ということが苦手なんです。
どうしてもこう冗長になってしまうんですよね…。
それだけ国語力や文才が無いということなのだと、常日頃感じています。
また、こうして韓国語の詩を訳す時に、なるべく読みやすい文になるようにと
心がけてはいるのですが、なかなか難しいものです。

これからも頑張って参りますので、どうぞ宜しくお願い致します!

2012-09-21-19:38 * 風の音 [ 編集 ]