風の吹くまま、気の向くまま。~韓国語勉強中~

韓国演歌(トロット) 好きが高じ、韓国語を学び始めた半端な男が韓国演歌や韓国詩を訳しつつ、学習記録と思ったことを書き連ねるブログ

Top Page › ▲ 日々雑感、雑記。 › 天皇誕生日と年賀状
2011-12-23 (Fri)  12:11

天皇誕生日と年賀状

여러분 안녕하세요. 皆さん、こんにちは

昨日、12月22日は一年で一番夜が長い日、冬至でしたね。
我が家でも、食卓にカボチャの煮付けが出て、
お風呂には柚子を浮かべ、柚子湯にして入りました。

皆さんのお宅では、如何だったでしょうか。


明けて、今日23日は祝日 「天皇誕生日」です。

1933年(昭和8年)12月23日。
当時の東京府東京市麹町区(現在の東京都千代田区)にある
皇居内の産殿にて、継宮明仁親王殿下(今上天皇陛下)がお生まれになり、
そして今日、78回目の誕生日をお迎えになられました。

ここに一国民として、心よりお祝いを申しあげるとともに、
天皇皇后両陛下の益々のご健勝と皇室のご繁栄、
そして日本国の繁栄を祈念致します。


今年は東日本大震災もあり、福島や宮城など被災地に何度もご訪問され、
また外国の大使との懇談や御公務、国事行為などあまりにもお忙しく、
蓄積した疲労からご体調を崩され、気管支炎が悪化し入院されました。
(先月24日には退院され、今月6日から国事行為を再開されています)


是非、両陛下にはこれからも長生きして欲しいものですね



さて毎年、この日になると思いだす事がひとつあって、
それは「年賀状を早く書いて、もう出さなくてはいけない!」ということです。

毎年、2,30枚出しているのですが、今年は引っ越してしまったので、
多分、手元には送られてこないだろうなぁと。
(市役所には届けを出しましたが、郵便局には出していないので)

「ならいっそ、書かなくてもいいかなぁ」なんて考えもチラついていますが(汗)
年賀状は、その人と交わす一年の最初の挨拶。
やはり、しっかりしておきたいので、この後書いて出したいと思います。


そういえば、先日とあるブログで拝見したのですが、
ブログの記事で年賀状を募り、読者の方と
年賀状のやりとりする方もいらっしゃるんですね

そういうのもありなのか。と本当にびっくりしました。

最終更新日 : -0001-11-30

年賀状は出しておいた方がよいかと * by ぼのまり
もう20年ぐらい前に韓国を訪問し、いずれまたなどと思いつつ時は流れ…。
貴殿のブログを見つけ、時々拝見させていただいております。

電子メールが手軽になった分、
手書の年賀状はむしろ心を伝えるには良いツールだと思います。
もらった方の気持ちに立って書かれるのは
すばらしいと思います。

ぼのまり様へ * by 風の音
はじめまして。コメントして頂き有難うございます。
内容も薄く拙いブログで、毎度のお目汚し申し訳ないです。

ぼのまり様は韓国に訪問されたことがあるんですね。
一度は私も韓国を訪れてみたいなと思ってはいますが、
今のところ、まだ一度も日本から出たことがありません…。
やはり行ってみて初めて体感できる、本場の空気があるように思います。

この記事を更新後すぐに年賀状を書き、今朝出してきました。
やはり新年の挨拶は、手書きの年賀状のほうが心も伝わっていいですよね。

Comment







管理者にだけ表示を許可

年賀状は出しておいた方がよいかと

もう20年ぐらい前に韓国を訪問し、いずれまたなどと思いつつ時は流れ…。
貴殿のブログを見つけ、時々拝見させていただいております。

電子メールが手軽になった分、
手書の年賀状はむしろ心を伝えるには良いツールだと思います。
もらった方の気持ちに立って書かれるのは
すばらしいと思います。
2011-12-23-23:50 * ぼのまり [ 編集 ]

ぼのまり様へ

はじめまして。コメントして頂き有難うございます。
内容も薄く拙いブログで、毎度のお目汚し申し訳ないです。

ぼのまり様は韓国に訪問されたことがあるんですね。
一度は私も韓国を訪れてみたいなと思ってはいますが、
今のところ、まだ一度も日本から出たことがありません…。
やはり行ってみて初めて体感できる、本場の空気があるように思います。

この記事を更新後すぐに年賀状を書き、今朝出してきました。
やはり新年の挨拶は、手書きの年賀状のほうが心も伝わっていいですよね。
2011-12-24-10:51 * 風の音 [ 編集 ]