風の吹くまま、気の向くまま。~韓国語勉強中~

韓国演歌(トロット) 好きが高じ、韓国語を学び始めた半端な男が韓国演歌や韓国詩を訳しつつ、学習記録と思ったことを書き連ねるブログ

Top Page › ▲ 日々雑感、雑記。 › ブータン国王陛下の演説を聴き、思うこと。
2011-11-18 (Fri)  15:13

ブータン国王陛下の演説を聴き、思うこと。

독자 여러분 안녕하세요. 皆さん、こんにちは。

今日のような寒い日に、時折雲の間から顔を出す太陽。
そのほんわかとした日差しの暖かさというものは、
冬になって、気候が寒くなってこそ、大きく感じます。

夏には恨めしく思う日差しも、
冬になるとポケットに入れたカイロのように、
その暖かさ、その温もりが恋しくなりますね


さて、今日は朝から国賓として来日されている、
ブータン王国国王 ジグミ・ケサル陛下の
国会においての演説の動画で感動しました。

”いかなる国の国民も決してこのような苦難を経験すべきではありません。
しかし仮にこのような不幸からより強く、より大きく立ち上がれる国が
あるとすれば、それは日本と日本国民であります。私はそう確信しています。”




国王陛下の演説全文は、こちらから
「国民総"幸福"量」を重んじるブータン国王が国会で演説 全文 (ニコニコニュース)


私自身、演説を聴いて本当にウルっと来たのは初めてです。

朝が寒かったからなのか。心が弱っているからなのか。
それとも、なにかにつけ普段から涙脆いせいからか…(汗)

という強がりは置いておいて、
偏に演説が素晴らしかったからだと思います。


2011年3月11日に未曾有の大災害を経験した日本ですが、
実はそれから半年後の9月に、ブータンでもマグニチュード6クラスの
地震に遭い、被害が出ました。

3.11以来、原発事故の影響により海外から日本への渡航を控える動きが多い中、
ブータン王国より、国王夫妻が来られるというのは、本当に有り難いことだと思います。

日本とブータン王国。両国が国交を樹立してから今年で25周年。
親日国家として、同じアジアの国家として、末永く仲良くしていきたいものです。


それに引き換え… (続きを読むをクリックすると下に開きます)

日本の国会議員の方々というのは、何をされているのでしょうか?

ブータン国王夫妻歓迎の宮中晩餐会を欠席し、
民主党議員のパーティに参加する防衛大臣。

挙句の果てに、
「ブータン国王が来日し宮中で行事があるが、私にはこちらの方が大事だ」と発言。


そして、宮中晩餐会の控え室で携帯を使った行政刷新担当大臣。

今のところ、問題になっているのは民主党議員の方ですが、
与党も野党も含めて、先に取り上げたブータン国王の演説の際、
国賓である国王と同時­に着席してしまう議員、
俯いたまま前を向かない議員、両肘をついて演説を聞く議員、
周りが拍手するのを見て、初めてにつられて拍手をする議員…。

小学生でも知っている、人の話を聞く時のマナーを、
社会人ましてや国会議員ともあろう方々が出来ていないというのは、
本当に残念であり、同じ国民として腹が立ちますね


私自身、出来損ないの馬鹿野郎ですし、
国民の義務である勤労の義務すら、果たせていないクズで、
人を批判する資格など無いことは重々承知していますが、
あまりにも残念だなぁと思い、追記で書かせて頂きました

(そういえば、初めて追記を使ったなぁ)

最終更新日 : -0001-11-30

* by マコ
世界で一番幸せな国・・・・温かなぬくもりを感じます。

本当ですね、同感です。国会議員の先生?方、何がお偉いのか知りませんが、
余りにも恥ずかしい謙虚さのない態度に、虚しさを覚えました。

日本は忘れてしまった大切な事がたくさんあるように感じます。
利便さだけを追いかけて・・・・。

素晴らしい国王夫妻でしたね・・・・・。礼儀正しく・・・凛として。
何を感じたのでしょうか?居眠り議員さん達は・・・・。


* by くまこ”
はじめまして(*^_^*)

私もブータン国王のお言葉に涙した一人です。
なんて心温かな方だろうと
今まで聞いたこともなかったブータン国ですが
一気に好きになってしまいました。
多くの方に支えられているんだと感じた日でもありました。
私も頑張らなければなりません。

* by DEN
アントニオ猪木風だけど素晴しい「ブータン国王」!
感動で終わらないように、心に刻みたいですね。

DEN

* by ハルタダ
はじめまして。

私もブータン国王陛下の演説を聞き、とても感動しました。
私は、本当の意味で日本の事をこんなに慕い、友人であると発言してくれる国は他に知りません。
こんな素晴らしい国王陛下に対しての国会議員の態度・・・悲しいです。

私たち日本も技術を追求するだけでなく、もっと基本的な生き方、考え方を見つめなおさなければいけないなと感じました。

僕も泣きました。 * by ささふね

私自身は押し寄せる津波のニュースをなすすべもなく見つめていたことをおぼえております。そのときからずっと、私は愛する人々を失くした家族の痛みと苦しみ、生活基盤を失った人々、人生が完全に変わってしまった若者たち……

ここで涙線が決壊しました。深い同情を感じます。
ブータンの国民が羨ましい!
慎みのうちにこんなに持ちあげられて、ほんとうに面映ゆい気持ちですね。
がんばろうと思いましたし、このような敬意をもって他者と接するべきだとの優れた手本をここから教わりました。

議員については……
あってはならないことですが、こんなもんだろうなという諦観がありますね。
人間性は立場からは生じませんので、組織における駆け引きや保身技術のエリートでなければ生き残れない職場では、なかなか難しいのかもしれません。

コメントのお返事 * by 風の音
皆様、コメントして頂き有難うございます。

e-36 マコ様へ
こんにちは。本当素晴らしい国王夫妻だと思います。

被災地福島へご訪問されて、地元の小学生と触れ合われたり、
海に向かって黙祷を捧げられたり…。ニュースの短い映像ではありますが、
お二人の優しいお人柄が、その表情から滲み出ているような気がします。

私も同感で、確かに日本は効率や利便さばかり追い求め、その代償として
かけがえの無いものを失くしてしまったのかもしれません。

国会中継を見ていると、しばしば議員の先生方の中で残念な態度の方がいますが、
せめて国賓ともあろう大切な方の前では、しっかりしていただきたかったですね…。


e-36 くまこ"様へ
はじめましてm(_ _)m
「言葉は人柄を表す」この言葉を改めて実感した演説でしたし、
私自身も前を向いて歩まなくては。頑張らねば…と、くまこ"様同様、強く思いました。

ブータン王国。同じアジアに属する国ではありますが、
確かに、普段の生活の中であまり耳にすることがないですよね。
これを機に、民間レベルで両国の交流がもっと盛んに深まって欲しいですね。


e-36 DEN様へ
こんにちは。やはり、そう思われた方って多いんですね(笑)
私も最初ニュースで国王を見た時に、「おお、アントニオ猪木にそっくりな国王だな」と
思って見ていました。

『心に刻む』DEN様のコメントを読んで、ハッと気付かされました。
確かに演説を聞いて、素晴らしい。良かった。と感動することも大事なことですが、
それを如何に心に刻んで、その先にある日々の生活を送るかが重要なんですよね。


e-36 ハルタダ様へ
はじめまして、こんにちは。
今の日本、震災に原発に不況に外交に政治不信…等々、あらゆる面に於いて散々な状態ですが、
そんな中、国賓としてブータンから来日され、国会で行われたあの演説は、
何処か暗くなってしまっている日本人や国全体に、元気や勇気を与える
そんな励ましのエールも含んだ演説だと、個人的には思いました。

が、あのような一部の国会議員の態度は、せっかくの好意を踏みにじる行為であり、
本当に残念でなりません。

物質的に豊かだという幸福と、精神的に満たされた幸福。
今の日本に欠けているモノは精神的な豊かさや考え方なのかもしれませんね。


e-36 ささふね様へ
こんにちは。ブータン国民の95%が、日々の生活に幸せだと感じている理由も
国王の演説を聞いたり、被災地を訪問される国王夫妻を見ていると分かるような気がします。

福島の小学校を訪問された時にも、児童達とにこやかに握手を交わされて、
その際に英語で、よく来てくれたね。ありがとう。と繰り返し繰り返し、
言葉をかけられているのを見て、誰に対しても心から接されていて、
本当に素晴らしいお方だなと思いました。
このような国王夫妻がいて、本当にブータンの国民が羨ましいですよね。

>慎みのうちにこんなに持ちあげられて、ほんとうに面映ゆい気持ちですね。
同感です。日本人として、あのように言って頂けるのは嬉しくも有り難いことですが、
今の国内の状況を見ると、「そんな国ではない」という…。

確かにささふね様の仰る通り、議員については普段の国会中継を見ていても
あんな状態ですし、諦念の思いを感じざるを得ませんね。

ブータンの幸せ! * by duck4
風の吹くまま、気の向くままさんへ

初めて、コメントいたします。
おはようございます。

ブータンのことをブログに書いていたので、反応して書きました。

わたしは、ブータンには行ったことがないので、
どういう国かわかりませんが、
幸せを追求する姿は、日本にも参考になると思います。

ブータン国王陛下も誠実で親しみをもてるようになりました。

独学でハングル語を勉強。
すごいです。

わたしは、デンマーク語を勉強したことがありますが、今はドロップアップ中。

これからも続けてください!

最後に、プラット、韓国にお出かけされるのもお勧めいたします。v-519

duck4様へ * by 風の音
はじめまして、こんばんは。
コメントして頂きまして、有難うございます。

原発事故の影響で放射能を懸念して、来日されない外国の方もいる中で、
友好国の為に来てくださるというのは大変有難いことですよね。
”物質的に幸福な国”と”精神的に幸福な国”。
どちらが幸福ということはありませんが、今の日本に欠けているものが
ブータンという国にはあるような気がします。

韓国語を勉強していると言いましても、自分でも嫌になるほど、
語学センスが全く無いので、このようなブログを立ち上げても、
韓国語のテキストを解いても、実際には全然身に付いていないという(汗)
…お恥ずかしい限りです。

duck4様は、デンマーク語を勉強されていたんですか! 凄いですね。
私自身、かつての英語学習の挫折からか、
アルファベットを見ただけで、もうギブアップです(笑)

韓国語の勉強は続けていきたいとは思ってはいますが、
自分の置かれた現状を考えると…なかなか難しいですi-201

生まれてこの方、パスポートすら持った事無いので、
一度は韓国や海外へ行ってみたいとは思うのですが、これもまた……。
でも、韓国語学習の意欲維持にはいいかもしれませんね。

またお暇な時にでも、遊びにいらして下さいね。

Comment







管理者にだけ表示を許可

世界で一番幸せな国・・・・温かなぬくもりを感じます。

本当ですね、同感です。国会議員の先生?方、何がお偉いのか知りませんが、
余りにも恥ずかしい謙虚さのない態度に、虚しさを覚えました。

日本は忘れてしまった大切な事がたくさんあるように感じます。
利便さだけを追いかけて・・・・。

素晴らしい国王夫妻でしたね・・・・・。礼儀正しく・・・凛として。
何を感じたのでしょうか?居眠り議員さん達は・・・・。

2011-11-19-08:52 * マコ [ 編集 ]

はじめまして(*^_^*)

私もブータン国王のお言葉に涙した一人です。
なんて心温かな方だろうと
今まで聞いたこともなかったブータン国ですが
一気に好きになってしまいました。
多くの方に支えられているんだと感じた日でもありました。
私も頑張らなければなりません。
2011-11-19-09:00 * くまこ” [ 編集 ]

アントニオ猪木風だけど素晴しい「ブータン国王」!
感動で終わらないように、心に刻みたいですね。

DEN
2011-11-19-11:23 * DEN [ 編集 ]

はじめまして。

私もブータン国王陛下の演説を聞き、とても感動しました。
私は、本当の意味で日本の事をこんなに慕い、友人であると発言してくれる国は他に知りません。
こんな素晴らしい国王陛下に対しての国会議員の態度・・・悲しいです。

私たち日本も技術を追求するだけでなく、もっと基本的な生き方、考え方を見つめなおさなければいけないなと感じました。
2011-11-19-12:50 * ハルタダ [ 編集 ]

僕も泣きました。


私自身は押し寄せる津波のニュースをなすすべもなく見つめていたことをおぼえております。そのときからずっと、私は愛する人々を失くした家族の痛みと苦しみ、生活基盤を失った人々、人生が完全に変わってしまった若者たち……

ここで涙線が決壊しました。深い同情を感じます。
ブータンの国民が羨ましい!
慎みのうちにこんなに持ちあげられて、ほんとうに面映ゆい気持ちですね。
がんばろうと思いましたし、このような敬意をもって他者と接するべきだとの優れた手本をここから教わりました。

議員については……
あってはならないことですが、こんなもんだろうなという諦観がありますね。
人間性は立場からは生じませんので、組織における駆け引きや保身技術のエリートでなければ生き残れない職場では、なかなか難しいのかもしれません。
2011-11-19-16:00 * ささふね [ 編集 ]

コメントのお返事

皆様、コメントして頂き有難うございます。

e-36 マコ様へ
こんにちは。本当素晴らしい国王夫妻だと思います。

被災地福島へご訪問されて、地元の小学生と触れ合われたり、
海に向かって黙祷を捧げられたり…。ニュースの短い映像ではありますが、
お二人の優しいお人柄が、その表情から滲み出ているような気がします。

私も同感で、確かに日本は効率や利便さばかり追い求め、その代償として
かけがえの無いものを失くしてしまったのかもしれません。

国会中継を見ていると、しばしば議員の先生方の中で残念な態度の方がいますが、
せめて国賓ともあろう大切な方の前では、しっかりしていただきたかったですね…。


e-36 くまこ"様へ
はじめましてm(_ _)m
「言葉は人柄を表す」この言葉を改めて実感した演説でしたし、
私自身も前を向いて歩まなくては。頑張らねば…と、くまこ"様同様、強く思いました。

ブータン王国。同じアジアに属する国ではありますが、
確かに、普段の生活の中であまり耳にすることがないですよね。
これを機に、民間レベルで両国の交流がもっと盛んに深まって欲しいですね。


e-36 DEN様へ
こんにちは。やはり、そう思われた方って多いんですね(笑)
私も最初ニュースで国王を見た時に、「おお、アントニオ猪木にそっくりな国王だな」と
思って見ていました。

『心に刻む』DEN様のコメントを読んで、ハッと気付かされました。
確かに演説を聞いて、素晴らしい。良かった。と感動することも大事なことですが、
それを如何に心に刻んで、その先にある日々の生活を送るかが重要なんですよね。


e-36 ハルタダ様へ
はじめまして、こんにちは。
今の日本、震災に原発に不況に外交に政治不信…等々、あらゆる面に於いて散々な状態ですが、
そんな中、国賓としてブータンから来日され、国会で行われたあの演説は、
何処か暗くなってしまっている日本人や国全体に、元気や勇気を与える
そんな励ましのエールも含んだ演説だと、個人的には思いました。

が、あのような一部の国会議員の態度は、せっかくの好意を踏みにじる行為であり、
本当に残念でなりません。

物質的に豊かだという幸福と、精神的に満たされた幸福。
今の日本に欠けているモノは精神的な豊かさや考え方なのかもしれませんね。


e-36 ささふね様へ
こんにちは。ブータン国民の95%が、日々の生活に幸せだと感じている理由も
国王の演説を聞いたり、被災地を訪問される国王夫妻を見ていると分かるような気がします。

福島の小学校を訪問された時にも、児童達とにこやかに握手を交わされて、
その際に英語で、よく来てくれたね。ありがとう。と繰り返し繰り返し、
言葉をかけられているのを見て、誰に対しても心から接されていて、
本当に素晴らしいお方だなと思いました。
このような国王夫妻がいて、本当にブータンの国民が羨ましいですよね。

>慎みのうちにこんなに持ちあげられて、ほんとうに面映ゆい気持ちですね。
同感です。日本人として、あのように言って頂けるのは嬉しくも有り難いことですが、
今の国内の状況を見ると、「そんな国ではない」という…。

確かにささふね様の仰る通り、議員については普段の国会中継を見ていても
あんな状態ですし、諦念の思いを感じざるを得ませんね。
2011-11-20-14:31 * 風の音 [ 編集 ]

ブータンの幸せ!

風の吹くまま、気の向くままさんへ

初めて、コメントいたします。
おはようございます。

ブータンのことをブログに書いていたので、反応して書きました。

わたしは、ブータンには行ったことがないので、
どういう国かわかりませんが、
幸せを追求する姿は、日本にも参考になると思います。

ブータン国王陛下も誠実で親しみをもてるようになりました。

独学でハングル語を勉強。
すごいです。

わたしは、デンマーク語を勉強したことがありますが、今はドロップアップ中。

これからも続けてください!

最後に、プラット、韓国にお出かけされるのもお勧めいたします。v-519
2011-12-04-09:17 * duck4 [ 編集 ]

duck4様へ

はじめまして、こんばんは。
コメントして頂きまして、有難うございます。

原発事故の影響で放射能を懸念して、来日されない外国の方もいる中で、
友好国の為に来てくださるというのは大変有難いことですよね。
”物質的に幸福な国”と”精神的に幸福な国”。
どちらが幸福ということはありませんが、今の日本に欠けているものが
ブータンという国にはあるような気がします。

韓国語を勉強していると言いましても、自分でも嫌になるほど、
語学センスが全く無いので、このようなブログを立ち上げても、
韓国語のテキストを解いても、実際には全然身に付いていないという(汗)
…お恥ずかしい限りです。

duck4様は、デンマーク語を勉強されていたんですか! 凄いですね。
私自身、かつての英語学習の挫折からか、
アルファベットを見ただけで、もうギブアップです(笑)

韓国語の勉強は続けていきたいとは思ってはいますが、
自分の置かれた現状を考えると…なかなか難しいですi-201

生まれてこの方、パスポートすら持った事無いので、
一度は韓国や海外へ行ってみたいとは思うのですが、これもまた……。
でも、韓国語学習の意欲維持にはいいかもしれませんね。

またお暇な時にでも、遊びにいらして下さいね。
2011-12-04-20:21 * 風の音 [ 編集 ]