風の吹くまま、気の向くまま。~韓国語勉強中~

韓国演歌(トロット) 好きが高じ、韓国語を学び始めた半端な男が韓国演歌や韓国詩を訳しつつ、学習記録と思ったことを書き連ねるブログ

Top Page › ▼ 韓国語勉強素材・イラスト › 9月のタイトル画像~秋の七草~
2011-09-19 (Mon)  21:55

9月のタイトル画像~秋の七草~

여러분 안녕하세요. 가제노오토입니다.
오늘 밤은 정말 시원해요.

皆さん、こんばんは。風の音です。
今晩は本当に涼しくて、気持ちがいいですね。


さて、十五夜のお月見もとうに過ぎ、
あと10日で、今月も終わってしまうという時期になってしまいましたが、
拙い絵ながら、9月のタイトル画像が完成しましたので、
紹介記事を一応、書いておこうと思います。


( 画像をクリックすると原寸大になります)
yozora5.jpg

絵の左側手前から、 桔梗の花とつぼみ(朝貌)、 ススキ(尾花)、
その奥に、 女郎花(姫部志)、 クズ(葛花)

絵の右側にうつりまして、 フジバカマ(藤袴)、 ナデシコ(瞿麦)、
そしてその奥に、 ハギ(萩)を配置し、
万葉の歌人 山上憶良が詠んだ2首を間に書き入れました。



”秋の七草””満月”を題材に、十五夜までに完成できればと思って
描き始めたのですが、韓国語の復習をし始めたせいもあって、
この時期までズレ込んでしまいました…


私個人的に秋の七草の中では、藤袴という花が好きですね。

藤袴という花は、散房状に小さな淡い藤色の筒状花を咲かせるのですが、
西洋系の花(例えば、パンジーやチューリップ等)のように、
人の目を引くような花をつけるでもなく、鮮やかな花をつけるでもなく、
かと言って、桜や梅、睡蓮のように艶やかに咲くのでもなく、
ひっそりとした佇まいながら、その中に小さくも可憐な花をつける。

日本に古くからある他の植物達同様に、こじんまりとした
地味な印象ではあるけれども、よく見ると何処か味わい深く、
芯の強さや侘しさ、健気さや寂しさを感じられる、そんなところが好きです。


山上憶良が句を詠んだ時代、極普通に山野に生えていた藤袴も、
現在では準絶滅危惧種に指定され、めったに野生ではお目にかかることが
できなくなってしまった種です。

図鑑や写真で見たことがあっても、まだ実際に見たことがないので、
(勿論、野草園などに行けば見ることが出来るとは思いますが)
一度は見てみたいなと思う花です。


ちなみに、藤袴の茎や葉を乾燥させたものからは、
桜餅の葉っぱのような芳香がたつそうで、
平安時代の人は、これを水につけ髪を洗ったそうです。

桜餅の葉の匂いというのは、いい匂いですが、
本当にそんな匂いなのか、実際に一度、嗅いでみたいものです。

最終更新日 : -0001-11-30

はじめまして! * by Tomy25
風の音さま、こんにちは!
秋の七草のほうはあまりなじみがないので勉強になります!
絵はご自分で書かれてるのですか?!
すごいですね。
また私もお邪魔させていただきます~~!

※コメントお返事遅くなりましてすみません。
ブログは予約投稿にして、ノルウェーに行ってました!! 
^^

Tomy25様へ * by 風の音
コメントして頂き、有難うございます。

韓国語というブログの本題から外れ、気まぐれで
月替わりの画像を、下手の横好きながら描いています。i-229

春の七草は、七草粥として食べる風習があるせいか、
知ってる人も多いのですが、秋の七草は愛でるだけですからね…なかなか。

Tomy25様のブログでは、コメントを連投してしまって
本当に申し訳ありませんでした。
何を思ったか、一度コメント投稿したことをド忘れして、
またコメントするという、間抜けなことをしでかしてしまいましたi-201
…何考えてんだかi-229 お騒がせしました。m(_ _)m

コメント連投には気をつけながら(笑)、またお邪魔させて頂きますね。^^

管理人のみ閲覧できます * by -

コメント有難うございます。 * by 風の音
被災地への訪問、本当に御苦労様でした。

普段、ニュースで見ている被害の様子、被災地の映像というものは、
いわば、ある範囲で切り取られた動く写真のようなものだと個人的には思うのですが、
そのような短い映像でも、あの日の地震によって押し寄せた津波が、そこに存在していた日々の生活を、
いとも簡単に飲み込んでいく恐ろしさ、そしてその街をもう一度、復興させていこうと
必死で頑張っておられる、地元の方々の強さなど色々と感じ考えさせられるものがあります。

ですが、実際にその地を訪ねられて、その土を踏みしめながら見る被災地の様相、
間近で目の当たりにする瓦礫や被害の爪痕、住居や店舗など着実に復興に向かう姿、
そして、そこに住んで居られる方々の苦しみや想いに触れるということは、
私のような者が考える想いよりも、遙かに苦しく壮絶で、きっと言葉では言い表せない、
万感の思いが胸に迫ったことと思います。

私達に出来る事は寄付をすることなど限度はあるでしょうが、せめても、この震災の記憶だけは、
決して、半年も前の出来事だと風化させること無く、そして地震や津波について正しい知識を身に付け、
いつかまた来る大きな災害に対して、十分に備えたいものです。

ここからは、コメントに対しての返事です。
私なんかの描く絵に、そのような過ぎたお言葉をかけて頂き、有難うございます。정말 감사드립니다.
大変優しいお方です。ただ私ごときに対して、本当に褒めすぎですi-201

そうですね。何事にも中途半端で投げ出してしまっていた私が、
ここまで韓国語を続けられているのも、ブログがあったお陰だと思いますし、
こうしてコメントを寄せて頂いたお陰です。고맙습니다.

なるほど。愛犬さんのお名前なんですね。
我が家でも昔、犬を飼っていたことがありましたが、擦り寄ってくる姿や
エサをねだる姿など、何かこう心にグッとくるものがあります。犬って可愛いらしいですよね。i-189

* by cherry
タイトル画像、素敵ですね。
秋らしくて。
しみじみ秋だな~って感じます。
(って、こちらは春ですが)
冬のタイトル画も楽しみです。
(って、引越ししたらブログをやめるかも、って? それは寂しいです。)

cherry様へ * by 風の音
コメント有難うございます。
返事が遅くなりまして、申し訳ありません。

ゴチャゴチャとした拙劣な絵で、お恥ずかしい限りなのですが、
少しでもブログに季節感を出したいなぁと、頑張って描いてます。

先月末の台風が去って以降、こちらでは、それまでの夏の空気から
ガラッと、日を追うごとに秋が深くなってきていますが、
そうなんですよね。南半球は季節が逆なんですよね。
オーストラリアの春は、如何でしょうか?

10月に入り、今月のタイトルも替えないといけないのですが、
まだ出来上がってませんi-229

>(って、引越ししたらブログをやめるかも、って? それは寂しいです。)
そのように、おっしゃって頂けるとは…本当に嬉しいです。
まだ少し先のことで分からないのですが、今の家から引っ越すまで、
できるだけ頑張って更新していきたいと思いますi-179

Comment







管理者にだけ表示を許可

はじめまして!

風の音さま、こんにちは!
秋の七草のほうはあまりなじみがないので勉強になります!
絵はご自分で書かれてるのですか?!
すごいですね。
また私もお邪魔させていただきます~~!

※コメントお返事遅くなりましてすみません。
ブログは予約投稿にして、ノルウェーに行ってました!! 
^^
2011-09-22-06:13 * Tomy25 [ 編集 ]

Tomy25様へ

コメントして頂き、有難うございます。

韓国語というブログの本題から外れ、気まぐれで
月替わりの画像を、下手の横好きながら描いています。i-229

春の七草は、七草粥として食べる風習があるせいか、
知ってる人も多いのですが、秋の七草は愛でるだけですからね…なかなか。

Tomy25様のブログでは、コメントを連投してしまって
本当に申し訳ありませんでした。
何を思ったか、一度コメント投稿したことをド忘れして、
またコメントするという、間抜けなことをしでかしてしまいましたi-201
…何考えてんだかi-229 お騒がせしました。m(_ _)m

コメント連投には気をつけながら(笑)、またお邪魔させて頂きますね。^^
2011-09-23-04:26 * 風の音 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-09-24-20:33 * - [ 編集 ]

コメント有難うございます。

被災地への訪問、本当に御苦労様でした。

普段、ニュースで見ている被害の様子、被災地の映像というものは、
いわば、ある範囲で切り取られた動く写真のようなものだと個人的には思うのですが、
そのような短い映像でも、あの日の地震によって押し寄せた津波が、そこに存在していた日々の生活を、
いとも簡単に飲み込んでいく恐ろしさ、そしてその街をもう一度、復興させていこうと
必死で頑張っておられる、地元の方々の強さなど色々と感じ考えさせられるものがあります。

ですが、実際にその地を訪ねられて、その土を踏みしめながら見る被災地の様相、
間近で目の当たりにする瓦礫や被害の爪痕、住居や店舗など着実に復興に向かう姿、
そして、そこに住んで居られる方々の苦しみや想いに触れるということは、
私のような者が考える想いよりも、遙かに苦しく壮絶で、きっと言葉では言い表せない、
万感の思いが胸に迫ったことと思います。

私達に出来る事は寄付をすることなど限度はあるでしょうが、せめても、この震災の記憶だけは、
決して、半年も前の出来事だと風化させること無く、そして地震や津波について正しい知識を身に付け、
いつかまた来る大きな災害に対して、十分に備えたいものです。

ここからは、コメントに対しての返事です。
私なんかの描く絵に、そのような過ぎたお言葉をかけて頂き、有難うございます。정말 감사드립니다.
大変優しいお方です。ただ私ごときに対して、本当に褒めすぎですi-201

そうですね。何事にも中途半端で投げ出してしまっていた私が、
ここまで韓国語を続けられているのも、ブログがあったお陰だと思いますし、
こうしてコメントを寄せて頂いたお陰です。고맙습니다.

なるほど。愛犬さんのお名前なんですね。
我が家でも昔、犬を飼っていたことがありましたが、擦り寄ってくる姿や
エサをねだる姿など、何かこう心にグッとくるものがあります。犬って可愛いらしいですよね。i-189
2011-09-28-01:40 * 風の音 [ 編集 ]

タイトル画像、素敵ですね。
秋らしくて。
しみじみ秋だな~って感じます。
(って、こちらは春ですが)
冬のタイトル画も楽しみです。
(って、引越ししたらブログをやめるかも、って? それは寂しいです。)
2011-10-01-19:30 * cherry [ 編集 ]

cherry様へ

コメント有難うございます。
返事が遅くなりまして、申し訳ありません。

ゴチャゴチャとした拙劣な絵で、お恥ずかしい限りなのですが、
少しでもブログに季節感を出したいなぁと、頑張って描いてます。

先月末の台風が去って以降、こちらでは、それまでの夏の空気から
ガラッと、日を追うごとに秋が深くなってきていますが、
そうなんですよね。南半球は季節が逆なんですよね。
オーストラリアの春は、如何でしょうか?

10月に入り、今月のタイトルも替えないといけないのですが、
まだ出来上がってませんi-229

>(って、引越ししたらブログをやめるかも、って? それは寂しいです。)
そのように、おっしゃって頂けるとは…本当に嬉しいです。
まだ少し先のことで分からないのですが、今の家から引っ越すまで、
できるだけ頑張って更新していきたいと思いますi-179
2011-10-02-17:16 * 風の音 [ 編集 ]