風の吹くまま、気の向くまま。~韓国語勉強中~

韓国演歌(トロット) 好きが高じ、韓国語を学び始めた半端な男が韓国演歌や韓国詩を訳しつつ、学習記録と思ったことを書き連ねるブログ

Top Page › Archive - 2012年11月
2012-11-27 (Tue)

単語帳(단어장)を作ろう

単語帳(단어장)を作ろう

안녕하세요. こんにちは。한국어 공부할 때나 블로그 기사를 쓸 때,그리고 넷에서 뉴스를 읽을 때,모르는 단어, 못 외우는 단어를앞으로는 단어장에 쓰자고 생각합니다.韓国語を勉強する時や、ブログ記事を書く時、そしてネットニュースを読む時などに知らない単語、覚えられない単語をこれからは単語帳に書いていこうと思います。実は、近所にある(といっても片道30分近くかかる)ホームセンターで無地の(罫線も入っていない全く...

… 続きを読む

안녕하세요. こんにちは。

한국어 공부할 때나 블로그 기사를 쓸 때,
그리고 넷에서 뉴스를 읽을 때,
모르는 단어, 못 외우는 단어를
앞으로는 단어장에 쓰자고 생각합니다.

韓国語を勉強する時や、ブログ記事を書く時、
そしてネットニュースを読む時などに
知らない単語、覚えられない単語を
これからは単語帳に書いていこうと思います。


DSC00835.jpg

実は、近所にある(といっても片道30分近くかかる)ホームセンターで
無地の(罫線も入っていない全く白紙の)ノートを探したのですが、
置いてあるノートが全て罫線入りだったので、
その中でも罫線の薄いCampusのドット入りノートを買って来ました。

大きさは、A4の大きさでは大きすぎるので、
2回り以上小さいのノートにしました。

DSC00836.jpg

これから、このノートに覚えやすいように
イラストを添えながら、単語を書き込んでいこうと思います!


皆さんは、単語帳を作っていますか?
もし良かったら、アドバイス頂けると嬉しいです!
スポンサーサイト
単語帳について! * by duck4
風の音さんへ

おはようございます!
かつて単語帳を作っていましたが今はやめました。
全く見ないからです。忘れたらまた調べればいいという感じです。

単語を覚えるときには、自分で作った例文。
それも英語でつくった文章を書いておきます。
自分で作った文章だと忘れないからです。

わからない単語を調べ、その単語を含む文章を作り、ノートに書いておくことをお勧めします。

duck4は日記をつけているので、わからない単語、調べた単語、スペルがわからなかった単語にアンダーラインを引き、その英単語の上に日本語の意味を書いています。

お役にたったかわかりませんが、
お試しあり!v-519v-521

duck4さんへ * by 風の音
こんばんは。コメントありがとうございます!

なるほど。その単語を含む例文を自作するということですね。
確かに、記憶に残るでしょうし、もし忘れても芋づる式に思い出しやすそうですね!

一応、私も韓国語で日記をつけてはいますが、
果たして、意味があるのかどうか(汗)
来年は絶対、検定を受けようと思っているので、
継続は力なり。という言葉を信じて、単語帳を含め
頑張っていこうと思います。

2012-11-24 (Sat)

コ・ドウォンの朝の手紙 11月19日~11月24日 翻訳記事まとめ

コ・ドウォンの朝の手紙 11月19日~11月24日 翻訳記事まとめ

여러분 안녕하세요.みなさん、こんばんは。今週、更新したコ・ドウォンの朝の手紙の翻訳記事をまとめておきます。11月19日 (月) 3,4 킬로미터 활주로・3,4キロメートルの滑走路11月20日 (火) 두꺼운 허물벗기・分厚い脱皮11月21日 (水) 자각몽(自覺夢)・自覚夢11月22日 (木) 더 넓은 공간으로・更に広い空間で11月23日 (金) 돌풍이 몰아치는 날・突風が吹き荒ぶ日11月24日 (土) 냉정한 배려・冷静な気配り過去の朝の手紙  ...

… 続きを読む

여러분 안녕하세요.
みなさん、こんばんは。

今週、更新したコ・ドウォンの朝の手紙の翻訳記事を
まとめておきます。


11月19日 (月) 3,4 킬로미터 활주로・3,4キロメートルの滑走路
11月20日 (火) 두꺼운 허물벗기・分厚い脱皮
11月21日 (水) 자각몽(自覺夢)・自覚夢
11月22日 (木) 더 넓은 공간으로・更に広い空間で
11月23日 (金) 돌풍이 몰아치는 날・突風が吹き荒ぶ日
11月24日 (土) 냉정한 배려・冷静な気配り


過去の朝の手紙
  8月22日~9月1日の朝の手紙
  9月3日~9月8日の朝の手紙
  9月10日~9月15日の朝の手紙
  9月17日~9月22日の朝の手紙


韓国語の原詩に沿って直訳を基本にしながらも、
日本語として、しっかり意味の通る読みやすい訳文を心掛けています。
是非、今週のコ・ドウォンの朝の手紙の翻訳記事、読んでみてくださいね!

また何かお気づきの点、指摘等ありましたら、
気軽にコメントにて教えてください。

2012-11-24 (Sat)

【コドウォンの朝の手紙】 冷静な気配り

【コドウォンの朝の手紙】 冷静な気配り

こんばんは。本日3回目の更新です。독자 여러분 안녕하세요. 오늘 3번째 갱신입니다.コ・ドウォンの朝の手紙(고도원의 아침편지)のサイトで今日、更新された詩を翻訳してみます。コ・ドウォンの朝の手紙(고도원의 아침편지) 의 페이지에서오늘 갱신된 시를 번역해봅니다.냉정한 배려冷静な気配り자욱한 안개 너머 막연한 미래로 향하는 새로운 출발선에서 누가 두려움으로부터 자유로울 수 있을까.알 수 없는 미래가 두렵기 때문에...

… 続きを読む

こんばんは。本日3回目の更新です。
독자 여러분 안녕하세요. 오늘 3번째 갱신입니다.

コ・ドウォンの朝の手紙(고도원의 아침편지)のサイトで
今日、更新された詩を翻訳してみます。
コ・ドウォンの朝の手紙(고도원의 아침편지) 의 페이지에서
오늘 갱신된 시를 번역해봅니다.



냉정한 배려
冷静な気配り


자욱한 안개 너머
막연한 미래로 향하는 새로운 출발선에서
누가 두려움으로부터 자유로울 수 있을까.
알 수 없는 미래가 두렵기 때문에,함께 가는 것이다.
결혼은. 진정으로 사랑한다면
때로는 한 걸음 물러서서 냉정하게
상대를 바라봐줄 필요가 있으며,
그런 관점으로 자기 자신 또한
돌아보아야 하는 것이다.

- 한상복의《여자에겐 일생에 한번 냉정해야 할 순간이 온다》중에서-

もやもやとした霧越しに
漠然とした未来へ向かう、新しいスタートラインに
誰が不安から逃れることができるだろうか。
知ることの出来ない未来が、不安だから共に行くのだ。

結婚は。本当に愛しているならば、
時に一歩下がって、冷静に
相手を見つめる必要があり、
そんな観点から、自分自身もまた
振り返ってみなければならないということだ。

-ハン・サンボクの『女には人生に一度、冷静でなければならない瞬間が来る』より-



* 청첩장을 많이 받는 요즘입니다.
축복받아야 할 결혼이기에
뜨겁게 사랑하라고만 해서인지
결혼 성사만큼 많아지는 것도 이혼이라네요.
냉정하게 서로를 바라보고 배려할 때
결혼은 단지 환상이 아닌
행복의 버팀목이 되지 않을까요?
모두 행복하세요!

結婚の招待を、たくさん受ける今日この頃です。

祝福を受けるべき結婚なのだから、
熱く愛しているというだけでするのか
結婚がうまくいく程、多くなることも離婚だそうです。

冷静にお互いを見つめて気遣う時、
結婚は、単に幻想ではない
倖せのつっかえ棒になるのではないでしょうか?

皆さん、お幸せに!




韓国語の原詩に沿って直訳を基本にしながらも、
日本語として、しっかり意味の通る
読みやすい訳文にしたいと思っています。

何かお気づきの点、指摘等ありましたら、気軽にコメントにて教えてください。

追記には、忘備録として上記の詩に使われた単語等を書き記しておきます。

Read More

2012-11-24 (Sat)

【コドウォンの朝の手紙】 突風が吹き荒ぶ日

【コドウォンの朝の手紙】 突風が吹き荒ぶ日

本日2回目の更新です。コ・ドウォンの朝の手紙(고도원의 아침편지)のサイトで11月23日に更新された詩を翻訳してみます。돌풍이 몰아치는 날突風が吹き荒ぶ日삶이 나를 지치게 해도 시간은 꾸준히 흘러갑니다. 힘들어도 뚜벅뚜벅 걸어가면 목적지에 도달할 수 있다고 느끼지만 초조한 마음에 받아들이기 쉽지 않습니다. 삶은 대개 흐리거나 비 뿌리는 나날이고 나에게 기쁨을 주는 활짝 갠 날은 드뭅니다. 돌풍이 몰아치는 날도 있...

… 続きを読む

本日2回目の更新です。

コ・ドウォンの朝の手紙(고도원의 아침편지)のサイトで
11月23日に更新された詩を翻訳してみます。


돌풍이 몰아치는 날
突風が吹き荒ぶ日


삶이 나를 지치게 해도
시간은 꾸준히 흘러갑니다.
힘들어도 뚜벅뚜벅 걸어가면
목적지에 도달할 수 있다고 느끼지만
초조한 마음에 받아들이기 쉽지 않습니다.
삶은 대개 흐리거나 비 뿌리는 나날이고
나에게 기쁨을 주는 활짝 갠 날은 드뭅니다.
돌풍이 몰아치는 날도 있습니다.
매일 아침 화창한 날을 기대하는 것은
그저 꿈일 뿐입니다.

- 정도언의《프로이트의 의자》중에서 -

人生が、私を疲れさせるとしても
時間は、絶えず流れていきます。

辛くとも一歩一歩、歩んでいけば
目的地に到達することができる。と感じますが、
(はや)る心には受け入れ難いです。

人生は大概、曇りや雨がぱらつく日々で
私に喜びをくれるような、カラッと晴れた日は稀です。
そして、突風が吹き荒ぶ日もあります。
毎朝、長閑(のどか)な日を期待するということは、
ただただ、夢物語なのです。

-チョン・ドオン(鄭道彦)の『フロイトの椅子』より-



* 삶의 날씨가
늘 좋을 수만 없습니다.
구름 낀 날도 많고 거센 돌풍도 몰아칩니다.
하지만 그 날씨에 따라 자기 삶이 춤을 추면
올바른 방향으로 항해할 수가 없습니다.
그날그날의 희로애락에 흔들리지 말고
인내와 도전 정신으로 걸어가면
'돌풍 부는 날'이 오히려
선물일 수 있습니다.

人生の天候とは
いつも良い日ばかりではありません。
雲が立ち込める日も多く、激しい突風も吹き荒びます。

しかし、その天気に左右されて、自分の人生がふらつけば、
正しい方向に向かって、人生の航海をすることが出来ません。

その日その日の喜怒哀楽に揺らがずに、
忍耐と挑戦の精神で歩んでゆけば、
”突風の吹く日”が寧ろ
贈り物になるのです。



【私の思うこと】
個人的に、この韓国語文を訳していて、
共感する部分がたくさんありました。

人生に快晴の日など滅多に来ない。
曇りや雨、大風の日が多いのだから、
その日の感情に揺れずに、ただただ前へ歩くのみ。

この精神は素晴らしいですし、心掛けようと思いますが、
頭で分かってはいても、なかなか実践できないのが、
また人間のような気がします。

…私がただ愚かなだけかもしれませんが。


韓国語の原詩に沿って直訳を基本にしながらも、
日本語として、しっかり意味の通る
読みやすい訳文にしたいと思っています。

何かお気づきの点、指摘等ありましたら、気軽にコメントにて教えてください。

追記には、忘備録として上記の詩に使われた単語等を書き記しておきます。

Read More

2012-11-24 (Sat)

【コドウォンの朝の手紙】 更に広い空間で

【コドウォンの朝の手紙】 更に広い空間で

コ・ドウォンの朝の手紙(고도원의 아침편지)のサイトで更新された詩を翻訳してみます。11月21日分の ”自覚夢” 以降、このコ・ドウォンの朝の手紙の翻訳記事をあげられていないので、22日から今日24日までの翻訳記事を順次、更新していこうと思います。まずは、11月22日分더 넓은 공간으로 更に広い空間で가슴속에 꽁꽁숨겨놓은 것을 드러내지 않으면, 나보다 더 넓은 공간 속으로 비상할 수 없다. 본래의 모습을 드러내기가 망설여...

… 続きを読む

コ・ドウォンの朝の手紙(고도원의 아침편지)のサイトで
更新された詩を翻訳してみます。


11月21日分の ”自覚夢” 以降、
このコ・ドウォンの朝の手紙の翻訳記事を
あげられていないので、22日から今日24日までの
翻訳記事を順次、更新していこうと思います。


まずは、11月22日分

더 넓은 공간으로
更に広い空間で


가슴속에 꽁꽁
숨겨놓은 것을 드러내지 않으면,
나보다 더 넓은 공간 속으로 비상할 수 없다.
본래의 모습을 드러내기가 망설여질 때는
날개를 옆구리에 접어 넣고 밧줄 위에
앉아 있는 한 마리 새를 떠올려본다.
마음도 열지 않고 누군가와 관계를 맺는 것은
날개도 펴지않고 밧줄에서
뛰어내리는 것과 같다.

- 마크 네포의《고요함이 들려주는 것들》중에서 -

胸の中でしっかりと
隠しておいたものを曝け出さなければ、
私よりも更に広い空間の中へ、翔けることは出来ない。

本来の姿を曝け出すことが、ためらわれる時は
翼を脇腹に折りたたみ、綱の上に
止まっている一匹の鳥を思い浮かべてみる。

心も開かずに誰かと関係を結ぶ。ということは
翼も広げずに、綱から
飛び降りることと同じだ。

-マーク・ネポの『静けさが聴かせてくれるもの達』-



* 가장 밀접하고
가까운 사람이면서도
문을 닫고 사는 사람들이 많습니다.
사람 사이의 진정한 관계, 진정한 사랑은
문을 활짝 열어 모두를 드러내는 것입니다.
열지 않으면 드러낼 수 없고, 드러내지 않으면
어디가 아픈지 왜 아픈지 알 수 없습니다.
열고 맡겨야 더 넓은 공간으로
함께 나갈 수 있습니다.

もっとも密接で、
近しい人でありながらも、
扉を閉ざして生きる人達が多いです。

人との間の真の関係、真の愛は
扉をサッと開いて、全てを曝け出すことです。

開かなければ曝け出すことが出来ず、曝け出せなければ、
何処が痛いのか、なぜ痛いのか、知ることができません。

扉を開いて全てを委ねれば、更に広い空間へ
共に飛び出すことができるのです。



韓国語の原詩に沿って直訳を基本にしながらも、
日本語として、しっかり意味の通る
読みやすい訳文にしたいと思っています。

何かお気づきの点、指摘等ありましたら、気軽にコメントにて教えてください。

追記には、忘備録として上記の詩に使われた単語等を書き記しておきます。

Read More