今表示している記事 / Title

◆Date:2011年09月13日
ALL/全記事リストヘ

”中秋”の名月と”仲秋”の名月

21:12

여러분 안녕하세요.
皆さん、こんばんは。

昨夜は十五夜・中秋の名月でしたが、
皆さんのところでは、如何でしたでしょうか?

私のところでは、若干薄い雲がかかっていた時間帯もありましたが、
上空では風がそれなりに吹いていたようで、数分も経つとすぐに晴れ渡り、
秋の夜風に吹かれながら、中秋の名月を眺めることが出来ました。


一応、写真も撮ってみたのですが、
普通の安いデジカメで撮ったので白飛びが酷いですね…

( 画像をクリックすると、大きくなります。)

薄雲かかる月
上の写真は薄雲がかかっていた時に撮りました。
薄雲がかかっているお陰で、月の輪郭がまあまあ、はっきりと撮れたように思います。

中秋の名月
上の写真から数分後、薄雲が晴れた頃の写真です。
月光が煌々と輝き、夜にも関わらず影が地面に出来ていました。

ただ、画像では薄雲の時よりも月の輪郭がぼやっとしていて、
ただでさえ残念なのに、余計に残念な感じになっていますね…



ちなみに”中秋の名月”という言葉は、
”仲秋の名月”とも書かれることがありますが、
厳密には意味が違うそうで、

”仲秋の名月”
    陰暦8月に出る全ての月を指し、その30日間に
    出る全ての月
(十五夜の月も含め)
を指すそうです。

”中秋の名月”
    陰暦8月15日、つまり十五夜の日にでる月だけを指すそうです。


どうして、このような違いになるかといいますと、

秋を3等分にした時に、
旧暦の7月を”初秋”、旧暦の8月を”仲秋”、旧暦の9月を”晩秋”といい、
つまり、”仲秋の名月”はその仲秋にあたる月なので、
旧暦8月全体の約30日間に出る月全部を指すそうです。

それに対して、”中秋”というのは、「秋の中日」という意味なので、
初秋・仲秋・晩秋全てを含めた、秋という季節の中日、つまり陰暦8月15日のみを指し、
”中秋の名月”というのは、十五夜に出る月だけを限定して指すそうです。

いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
블로그 기사를 읽어 주셔서 정말 감사합니다.

にほんブログ村 外国語ブログへ  にほんブログ村 韓国語へ  人気ブログランキングへ